来てほしいお客様だけが来る文章の秘訣!

引き寄せライティング

 

来てほしいお客様だけを集客する文章の秘訣!

 

あなたのサービスに
お客様からお申し込みはいただけるんだけど

あまりお付き合いしたくないタイプの
お客さまが来ることが多い・・・
そんなお悩みはありませんか?
やる気のある人に
来てほしいと思っているのに

グチばかりで変わる気の無い人が
集まってくる・・・だとか

 

価値観の合う人と
お付き合いしたいと思っているのに

実際はなんだか
依存的なお客様ばかりと
お付き合いしている…とか

 

無料遠隔ヒーリングには
たくさんのお申込みがあるけど

有料のサービスを受けるつもりのない人ばかり…とか

そんな感じで、
なんだかセッションをするのも気が重いし
労力の割にお金にならなくって
お仕事を楽しめずにいるかもしれません(T_T)

 

でもどうして
あなたの望まないタイプの
お客様ばかり集まって来るのだと思いますか?
たまたま偶然?

商品やサービスの問題?
実はその理由は、

あなたのライティングにあります。

 

あなたの書く文章に
望まないタイプのお客様が
引き寄せられてきているんですよ。

 

サービスを通じて
お付き合いするお客様ですから

・気が合う人
・自己投資の意識が高い人
・価値観が似ている人
・話が合う人
・話していて気持ちがいい人
・共感できる人
・やる気のある人
・真剣に取り組んでくれる人
そんな人に
来てもらいたいと思いませんか?
大丈夫です。

あなたが書く文章を変えれば、
それは簡単に実現してしまいます。
それはどうすればいいのか?

 

あなたのサービスに申し込んできたリ、
何らかのアプローチをして来る人は、

「あなたの書いた文章」に
心惹かれるものがあって
やってきています。
あなたが意識している、いないにかかわらず、
誰かの心を動かした結果、

あなたのところに人が集まってきているのですね。

私が常々お伝えしていますが、

言葉一つ変われば、
集まってくるお客様の層も変わります
つまり、

望まないタイプのお客様ばかりが
集まってくるということは
そういうタイプの人を
引き寄せるような文章を書いている
ということなのですね。

「いやいや、私はそんな事書いていない」

と思うかもしれませんが、

知らず知らずのうちに、
望まないタイプのお客様の
好む言葉を使っていたり

望まないタイプのお客様が
惹かれる表現をしていたりするのです。
たとえば、
無料目当てで、
有料のサービスには申し込まない人が
集まってきているのだとしたら、

お金を出したくない人を
引き寄せる文章を書いてるのだし

依存心の強いお客様が
集まりがちなら

依存心の強い人が好む言葉を
どこかで使っているのです。
ということは?

来てほしいお客様が惹かれる文章を書けば
お付き合いしたい人がだけが
集まってくるようになるということですよね。

そしてもう一つ、
来てほしくないタイプのお客様が
嫌うような文章を書けば
あなたのところに寄ってくることはなくなるということです。

それだけなんです。
このように、
ライティングでお客様を引き寄せるって
実はとってもシンプルなことなんです。

 

今日は、
「来てほしいお客様だけが来る文章の秘訣!」というテーマで、

・来てほしいお客さまが反応する言葉や表現を使うだけでなく、
・来てほしくないお客さまが嫌がるような言葉や表現を使って文章を書く。

それが大事だというお話をしました。

 

コレを知らずにいたままだと、
いつまで経っても
お付き合いしたくないお客様が集まってきて、
セッションやセラピーが憂鬱でしょうがない・・・とか
そもそも、申し込む気の無い人ばかり集めてしまって、
ちっとも収入にならない…
なんて状態が続いてしまいますので、
ぜひ、意識して書いてみてくださいね★

 

 

ということで

今日も、最後までお読みいただき
ありがとうございました(*^_^*)